スタッフのご紹介

長谷川 菜季

院長・鍼灸師
長谷川 菜季 はせがわ なつき

はり師・きゅう師(厚生労働大臣免許)
東洋はり医学会 本部会員 研究部・品川支部所属
日本不妊カウンセリング学会 会員
日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー

神奈川県鎌倉市出身
夫と猫三匹(13歳と12歳と0歳)と暮らす愛猫家でもあります。
※写真は生後5か月の銀二君です!

この道を志したきっかけ

私とはり灸の出会いは、小学校低学年の時にさかのぼります。

当時、弟を産んだばかりの母が、お産の影響で坐骨神経痛になってしまったのです。週1回はりに通っていたのを記憶しています。

電話で色んな友達に「鍼はいいよー」と絶賛している母。

でもその時は、自分は「はり」というとぬい針をブスブス刺すのかと思っていましたから、怖くてたまらなかったです。母は痛みがあるから、仕方なく、鍼に行ってるんだ。じゃあ自分はそんなに痛い体験をしないように、はりのお世話には、絶対にならないぞ。

そう思っていました。

短大を卒業して、OLとして事務職で長く勤めていました。そんな時、23歳の時です。母がすい臓癌になりました。

当時は医学の知識なんて何もありませんでしたから、ひたすらお医者様のいうことを信じて、母が快方に向かうように祈るだけでした。大切な家族が大きな病気になってはじめて、「何もできない、そして病気のことが何もわからない自分」に無力さを感じました。

今思えば、これが自分のはりきゅう治療の道に進む、一番大きなきっかけだったかもしれません。痛みで苦しむ母に、少しでもはりきゅうの力で、痛みを和らげてあげられたなら、何もできなかった自分だけど、こんなに後悔することはなかったかもしれません。

母が亡くなってから、どうも疲れが取れない、肩こりや冷えがひどく、会社に行くのもつらい日々を送ることになります。

ふと子供の時にいやだった鍼を受けてみようか、と思い立ち、当時の先生にかかったところ、2回の治療で「なにか身体の内側から変わっていく自分」を実感したのです。

もともと仕事は大好きでしたから、元気で会社に行けるのが本当に嬉しかった。

そして、はり灸のすばらしさも実感した出来事でした。

この仕事を一生の仕事にしたい。自分が元気になったように、たくさんの方を元気を届けたいと思い、私は鍼灸師の夜学に入り、そして念願の鍼灸師になったのです。

「菜の花はりきゅう治療院」の名前の由来

菜の花畑菜の花の花ことばには、「元気いっぱい」「小さな幸せ」「豊かさ・財産」という意味があります。

はり灸治療で元気いっぱい、健康的な生活を営むお手伝いを、と願い治療院名に入れました。

また、施術者・長谷川菜季の名前の由来の花でもあるんですよ。

  • 脉診流経絡治療について
  • 不妊、逆子、つわり、安産に 不妊カウンセラーが行う妊娠治療
  • 花粉症治療—つらい季節にもう悩まない
  • こどもはり(小児はり)—お子様用の刺さないはりで安心
  • 患者さんの喜びの声
  • 推薦者の声
  • ブログ『菜の花院長のちょっとからだにイイ話』
  • 桜新町【西口】から徒歩8分〈診療時間〉月・火・水・金・土[午前]9:00~12:00[午後]14:00~18:00 予約制
  • 診療時間と地図
  • 電話:03-5426-1711
  • ご予約・お問い合わせ

※当院は予約制です。お電話かメールフォームでご予約のうえ、ご来院ください。


クレジットカードもご利用いただけます!