不妊、逆子、つわり、安産に 妊娠治療

はりきゅうでどうして赤ちゃんができるの?

不妊症とは、病名ではなく、避妊をしていないにも関わらず、2年以上妊娠に至っていない状態のことを言います。

不妊の原因は、男性因子40%、女性因子40%、原因不明20%と言われています。決して女性だけの責任ではないのです。

妊娠とは、本来、心身ともに健康であってはじめて成立するものです。健康な方が余剰エネルギーで子宮の中で新しい命を育て、出産に至ることができます。

ところが、現代の不妊で悩んでいる方の多くは、慢性的に冷えで悩まされていたり、疲れがいつまでも取れなかったり、ストレスでイライラや疲弊していたりと、とても「心身ともに健康な状態」とは言えないケースが多いのです。

このような状態で、自然妊娠に至らず、一般不妊治療から高度生殖医療・・人工授精(AIH)や体外受精(IVF)、そして顕微授精(ICSI)とステップが進んだとしても結果が出ず、落ち込み、もう赤ちゃんをあきらめてしまおうか・・という方も大勢いらしゃいます。ここであきらめてしまうのは本当に残念なことだと私は思います。

もともと身体の力が十分でないのに、高度生殖医療を受けても良い卵が採卵できなかったり、うまく子宮に着床したとしても、流産してしまう悲しい結果が起こるケースが少なくありません。

それは身体の方で、「このお母さんの身体は妊娠が維持できる身体ではないから、赤ちゃんを育てる力がない。外にだしてしまおう」と拒否反応のようなものを示すのですね。だから妊娠が維持できないし、そもそも良い卵子が採卵できないのです。

はりきゅう治療で赤ちゃんが育ちやすい子宮環境づくり

妊娠イメージそこで、はりきゅうの出番なのです。はりきゅうは身体全体のエネルギーを高め、冷えた身体を温かく保ちます。

ホルモンバランスの異常も整えて生理周期を正常にします。

良い卵子の発育を助けます。すべてこれはあなたの身体が自分でおこなっていることなんです。

そして、自然妊娠を望まれている方も、高度生殖医療を受けていらっしゃる方も、身体が妊娠できるくらいの余剰エネルギーがあるので妊娠しやすい身体ができるのです。

妊娠してからもはりきゅうを受けていれば、健康な身体を維持できますので流産防止にもなり、元気な赤ちゃんを出産する安産の手助けとなるのです。

「不妊症なんです」と来院される患者様のお腹や足を触るとキンキンに冷えている方がとても多いのです。子宮は骨盤の中の膀胱の後ろ、直腸の前という骨盤内ではかなり深いところに位置しています。下腹をカイロで温めるなど、表面から温めることを気を付けていらっしゃる方も多いですが、それではなかなか子宮に届かないのです。

足の冷えに関しても同様です。末端(足)で冷やされた血液は心臓に帰るために、骨盤や腰を通って心臓を目指します。ということは常に冷たい血液が子宮を直撃しているのです。

この状態は、子宮が冷蔵庫の中にあるのと同じイメージなのです。冷えた冷蔵庫の中では、赤ちゃんも寒すぎて、とても40週もとどまっていられません。結果として子宮から去る結果に・・悲しいことです。冷えがあると、着床に至るような健康な卵子自体も作られないことがわかっています。身体の内部からあたためることで子宮環境を向上することが妊娠が成立するためには不可欠です。

はりきゅう治療で、赤ちゃんが育ちやすい健康な子宮環境づくりをお手伝いいたします。

主な不妊の原因

不妊の原因には、男女ともに様々な原因があることがわかっています。

女性の不妊原因
排卵障害
女性の不妊原因NO.1
卵子が育たない・卵子の質が悪い・育っても排卵しない・多嚢胞性卵巣症候群
卵管の障害 卵管水腫・クラミジア感染症・子宮内膜症・ピックアップ障害
子宮の着床障害 子宮内膜にが十分な厚さにならない・子宮筋腫(位置、大きさによる)・子宮内膜ポリープ・子宮内膜癒着・子宮奇形・子宮内膜増殖症・子宮内膜非薄・黄体機能不全
黄体機能の異常 黄体機能低下/不全
子宮頚管の通過障害 子宮頚管粘液不全・子宮頚管の抗精子抗体・子宮頚管無力症 ・子宮頚管粘液分泌不足
早期閉経 40歳前に閉経すること
男性の不妊原因
精子の形成障害
男性の不妊原因NO.1
精子の数が少ない・精子の運動率が低い・精子の奇形・無精子症
精管の通過障害 精液の中に精子が少ない・精液の中に精子がいない
男女共通の原因
性行為障害 性行為がうまくできないために妊娠できない。
女性の性行為障害
膣強靭・膣閉鎖・精神的性行為障害
男性の性行為障害
勃起不全(ED)・膣内射精障害
セックスレス セックスをしないことには妊娠しません。性行為障害がなければ、夫婦で話し合ってセックスの回数を増やしましょう。
原因不明不妊
(機能性不妊)
不妊検査で異常が見られない場合は以下のことが考えられます。
・ストレス ・冷え性

きちんと検査をして原因がわかっている場合ももちろんですが、検査をして原因がわからない場合でもはりきゅう治療を使って「妊娠力」を高めることができます。

東洋医学のはりきゅう治療で身体全体のバランスを整えて、妊娠可能な身体に近づきましょう!

不妊カウンセラーのいる鍼灸院です

「不妊カウンセラー」とは、NPO法人日本不妊カウンセリング学会が認定している資格です。

同学会では

不妊で悩んでいる人々に対して、妊娠・出産や不妊に関する適切な情報提供活動を行い、カップルが最適の不妊治療を選択することができるよう不妊カウンセリング・ケアの実践や研究活動を行う

と定義されております。(引用:日本不妊カウンセリング学会ホームページより)

不妊に関する専門的な知識、技術をもって不妊に悩まれる方の心理的なサポートや情報提供を行い、カップルが支えあって問題を解決し、今後の対応を考えることができるようにお手伝いすることが不妊カウンセラーの主な役割です。

この資格を取得するためには、生殖医療の理論と内容を正確に理解し、カウンセリングスキルの研鑽はもちろん、日本不妊カウンセリング学会の定める細かな「到達目標」をクリアし認定を受けます。

年2回行われている不妊カウンセラー養成講座を受講し、筆記試験、面接試験に合格することで認定を受けることができますが、認定を受けてからも5年ごとに認定を更新する必要があり、継続して研鑽していくことが求められています。

不妊カウンセラー認定証
菜の花はりきゅう治療院では、以前から妊娠希望・不妊で悩まれている患者さまを多数治療させていただき、妊娠・出産のお手伝いをしてまいりましたが、皆様により安心して治療を受けていただけたら、という想いから不妊カウンセラーの資格を取得し、日々治療にあたっております。

不妊カウンセラーのいる鍼灸院で治療を受けるメリットは、一回の治療にまとまった時間を充てることができるため、治療中、お話ししながら不妊に関するカウンセリングも行うことができます。

また、継続治療により何度も施術者と接していただくことによって、より細かなお話ができるようになり、心の荷物を降ろしていただきつつ、病院の治療とも併行して妊娠に向かって進んでいただくことができるようになります。

(妊娠治療の患者様の声はこちらをクリックしてくださいね!)

日本不妊カウンセリング学会が認定している不妊カウンセラー・体外受精コーディネーターは、2015年現在、2資格合わせても全国で1460名です。

そのうち、不妊カウンセラーの資格を持っている鍼灸院はごく少数です。

東京でも、不妊鍼灸を行っている治療院は数多くありますが、不妊カウンセラーの資格をもっている治療院は本当にわずかですので、皆様に治療院を選ぶ際、安心していただける一つの要素であると考えています。

不妊治療で鍼灸を受けたいけど、どこにしていいかわからない・・と悩まれている皆様、ぜひ当院にお任せくださいませ。きっとかわいい赤ちゃんに会うことができますよ。

  • 脉診流経絡治療について
  • 不妊、逆子、つわり、安産に 不妊カウンセラーが行う妊娠治療
  • 花粉症治療—つらい季節にもう悩まない
  • こどもはり(小児はり)—お子様用の刺さないはりで安心
  • 患者さんの喜びの声
  • 推薦者の声
  • ブログ『菜の花院長のちょっとからだにイイ話』
  • 桜新町【西口】から徒歩8分〈診療時間〉月・火・水・金・土[午前]9:00~12:00[午後]14:00~18:00 予約制
  • 診療時間と地図
  • 電話:03-5426-1711
  • ご予約・お問い合わせ

※当院は予約制です。お電話かメールフォームでご予約のうえ、ご来院ください。


クレジットカードもご利用いただけます!