はりきゅうQ&A

お客様からいただいたご相談を掲載しています。
質問文をクリックして回答をご覧ください。

治療・はりきゅうについて

鍼は痛くないの?
当院で使用している「はり」は、直径が0.16mmと髪の毛よりも細く、深く刺したり、電気を流すことはしないので痛みや不快感はありません。
鍼をした後に「今はりをしましたよ」と言うと皆さん「えっ刺したんですか?」という方がほとんどである位、さりげないものです。
お灸は熱くないの?
「お灸をすえる」という言葉から、お灸は熱くてなんだかお仕置きみたいなイメージですが、当院のお灸はじんわり温かくて気持ち良いな、程度ですぐ取ってしまうので熱くなりすぎる心配はありません。
また、やけどの恐れもありません。
感染の心配はないの?
当院で使用する「はり」はディスポーザブルを使用しております。
「はり」は使用後、すべて「医療廃棄物」として廃棄をします。
刺さないはりも、皮膚に接触するかしないかのものなので、皮膚をやぶって刺入することはなく体液が付着する心配はありません。
やっぱり、鍼灸は不安なのですが・・
どうしても、「はりは痛い」というイメージのためか、はりきゅう治療に踏み出せない方はいらっしゃいます。勇気を出して治療をうけていただくと、皆さん「こんなものなのね」「もっと早くはり治療を受ければよかった」という声をいただくことがほとんどです。
さらに、当院でははりきゅうが初めてで不安を持たれている患者様に向け、「初回の施術料を完全保証」させていただきます。もし、はりきゅうがイメージ通り怖いものだったり、当院の雰囲気が合わないなと感じたら、遠慮なくその旨をお知らせください。
施術料はいただきません。
鍼灸接骨院の鍼治療とは、何が違うのですか?
当院のはりきゅう治療は全身の調整です。もちろん患部にもはりをしますが、治療の目標が身体の自然治癒力を高めて症状の根本的な改善をはかります。
鍼灸接骨院のはり灸は腰が痛いなら腰だけにはりをする、と局所を目標にしている院がほとんどです。治療の目標が異なります。
痛くなくても効くの?
人の身体はとても繊細で、ほんのちょっとの刺激でも十分に反応してくれるようにできています。
痛くない、さりげないはりでも身体への影響力は大きく、身体のバランスを整える効果があります。
なぜ、脈やお腹を診るのですか?
東洋医学では、身体の様々なサインが身体の至るところに現れると考えます。
最も分かりやすく反応が出るのが、脈やお腹なのです。
脈の硬さや、どんな風に打っているか、お腹も皮膚の状態や弱っている所が顕著に出るなど、脈やお腹は身体の状態を知るナビの役割をしてくれます。
鍼灸の効果は、すぐにわかりますか?
症状や体質によって個人差がありますが、早い方でその日に、遅い方では数日後に効果を実感される方もいらっしゃいます。

受診について

子供は何歳から治療して良いですか?
当院では、生まれたばかりの赤ちゃんから受けられる小児はりを行っております。
新生児期から受診していただけます。
生理中なんですが、治療しても大丈夫ですか?
全く問題ございません。むしろ治療をすることで生理痛が軽くなったり、快適に過ごすことができます。安心して治療を受けてください。
病院に通っていますが、一緒に治療をしても大丈夫ですか?
問題ありません。薬を飲んでいながらの治療でもご安心ください。
不安な場合はお薬についてご相談ください。
マッサージなど他のケアとの併用も結構です。刺激量を調整しながら最適な治療をいたします。
何か持ってくるものはありますか?
基本的に持ち物はありません。お着替えも当院でご用意しております。
妊娠希望の方・また生理の悩みがある方は基礎体温表があればお見せいただけると治療の助けになり良いかと思います。
基礎体温もつけていなければ特に見せていただく必要はございません。
現在妊娠中です。風邪を引いたとき、鍼灸で治るのですか?
当院の治療は自然治癒力を高め、病を早く身体から追い出すように助ける治療を行っております。
薬を飲むことが気になる妊娠中の場合は特にはりきゅう治療が免疫力を高める上でも有効と考えます。ご安心ください。
妊娠していますが、治療して問題ありませんか?
妊娠中の方の治療も、当院では積極的に行っております。つわり・逆子・安産治療で赤ちゃんを健やかに出産するためのお手伝いをさせていただいております。
また、薬を飲むことが気になる妊娠中の体調不良、腰痛や肩の痛みなどにもトータルで対応いたします。
複数症状があっても、遠慮なくおっしゃってください。
逆子は、どんな治療をしますか?
基本的には、身体のバランスを調整して赤ちゃんが回りやすい状態を作ります。
合わせて、三陰交や至陰など、子宮・骨盤内の環境を整え逆子に直接効くようなツボにお灸の治療を行います。
リラックスして治療を受けていただきお母さんがリラックスすることで赤ちゃんが回りやすい環境づくりを手助けします。
不妊治療をしていますが、何歳くらいまで受けることができるのですか?
はりきゅうは、身体の自然治癒力を高めることにより子宮環境を整え受精卵が着床しやすく、また着床した受精卵がしっかり定着し、出産まで安全に妊娠を維持する手助けをするのにとても有効です。
男性不妊の場合も、精子の運動率を高めたり、精子数を増加させるお手伝いや、男性機能回復にも大きな効果が期待できます。
しかし、年齢が高い場合は、どうしても身体の環境が整うまでに治療回数を必要といたします。
基本的には特に女性の方については、35歳以下の方は比較的早く効果が期待できますし、40歳以上になると根気よく治療を続けていただく必要が出てきます。43歳以上になりますとかなり難しくなってきます。
この数字は初めての妊娠を希望される場合です。経産婦の方はもう少し年齢が上になっても治療効果が早く出る可能性が高いです。
治療頻度を守っていただき、あきらめず継続的に治療をすることでかわいい赤ちゃんを授かるお手伝いができればと思っております。
更年期障害ではどのような治療をするんですか?
ホルモンの分泌のバランスが崩れることにより起こる更年期障害の症状。つらいですよね。
主に、めまいや動悸、情緒不安定や抑うつ気分といった症状を引き起こしま す。
閉経期の50代前後の女性の方以外にも、40代以降の「男性更年期障害」、また最近では若い女性にも「若年性更年期障害」と呼ばれる症状もあるなど、ホルモンが引き起こすことで起こる症状は増えています。
当院の治療では身体全体のバランスを整え、ホルモンや自律神経の働きを調整することで快適な生活を取り戻すお手伝いをいたします。
治療時間はどれくらいですか?
患者様の症状や体質により治療時間はまちまちですが、平均して40~45分の治療時間を目安にしていただければと思います。
自律神経症状など、治療を多く行うことにより調子が悪くなる症状の方もいらっしゃいますので、その場合はこれより短い時間で治療を終了することもあります。
どれくらいの頻度でどれだけかかれば良いのですか?
ぎっくり腰など、急性的な症状では短期間で数回、治療しております。
慢性的な症状の場合、週1回を目安にしてください。
症状が改善して、身体のメンテナンスとしての治療は月1,2回をおすすめしております。
未病を防ぐ東洋医学のはりで、つらい症状が出るのを食い止めることができます。
治療期間については個人によって差がありますので、その都度施術計画をお伝えしております。
治療後のお風呂は大丈夫?
当院のはりは注射とは違いますのでお風呂に入っていただくのは問題ありません。
しかし、身体全体のバランスを整える方針の治療のため、施術後は血液循環がよくなり、熱いお風呂に入るとのぼせやすくなり、身体に負担がかかってしまいます。
ぬるめのお風呂(夏なら38℃・冬なら40℃位)にゆっくりつかって、リラックスしてお風呂を楽しんでください。

料金について

保険は使えないのですか?
当院では健康保険には対応しておりません。
交通事故の治療では自賠責保険を使い、自己負担なしで治療を行っております。
詳しくは、お問い合わせください。
クレジットカードは使えますか?
はい、ご利用いただけます。Visa、Mastercardがご利用可能です。
  • 脉診流経絡治療について
  • 不妊、逆子、つわり、安産に 不妊カウンセラーが行う妊娠治療
  • 花粉症治療—つらい季節にもう悩まない
  • こどもはり(小児はり)—お子様用の刺さないはりで安心
  • 患者さんの喜びの声
  • 推薦者の声
  • ブログ『菜の花院長のちょっとからだにイイ話』
  • 桜新町【西口】から徒歩8分〈診療時間〉月・火・水・金・土[午前]9:00~12:00[午後]14:00~18:00 予約制
  • 診療時間と地図
  • 電話:03-5426-1711
  • ご予約・お問い合わせ

※当院は予約制です。お電話かメールフォームでご予約のうえ、ご来院ください。


クレジットカードもご利用いただけます!